組み合わせて売り上げアップ!ブランディングとマーケティングの違いと関係性-ホームページ制作 東京 FEEL DESIGN(フィールデザイン)のブログ

組み合わせて売り上げアップ!
ブランディングとマーケティングの違いと関係性

2022.9.28 マーケティングブランディングWEB集客のコツ

あなたは「ブランディング」と「マーケティング」の違いを言うことはできますか?

ブランディングとマーケティングの違いや関係性は、書籍やWEB上の記事でもいろいろな解釈があります。
マーケティング活動の中にブランディングが含まれるという考え方もあれば、その逆の解説をする人もいます。

今回は、そのわかりにくい「ブランディング」と「マーケティング」の違いを、特徴や活動内容などから、できるだけわかりやすく説明していきます。

「マーケティングとブランディングの意味や違いが分からない」と悩んでいる経営者の方は参考にしていただけると嬉しいです。

ブランディングとは

ブランディングは、「消費者のイメージを高めて差別化を図る活動」、もっと簡単に言うと、消費者に良いイメージを持ってもらい、最終的にファンになってもらう活動とも言えます。

ブランディングは事業者だけできるものではなく、消費者に良いイメージを持ってもらって初めて成立します。ファンになった消費者は、継続的にモノやサービスを購入してくれるようになります。
また、SNSや口コミなどで情報を拡散してくれるようになる、といったメリットがあります。

[ブランディングの主な特徴]
・良質なコミュニケーションでファンになってもらう
・お客様との共創物(ブランドはお客様が持つイメージ)
・情緒的なメリットを感じてもらう
・価格競争から脱却でくr

マーケティングとは

マーケティングとは、事業者側が主体となり、顧客のニーズに合ったモノやサービスを生み出し、商品やサービスの価値を消費者に伝達し、売れる仕組みをつくる活動のことです。
つまり、「お客様」に欲しいと思ってもらい、買ってもらうための活動です。

マーケティングは、「お客様(ターゲット)」にどのように購買してもらうかを考える活動で、❶市場調査・分析 ❷商品・サービス開発 ❸販促活動 ❹効果検証まで、商品やサービスをつくって売るまでの流れの中で行うあらゆる活動がマーケティングといえます。商品やサービス、企業のイメージづくりをするブランディングも、マーケティングの一環と言えます。

[マーケティングの主な特徴]
・買ってもらう仕組み
・お客様視点で考えるが事業主が主体
・購入したいと思わせる販促活動
・費用対効果が重要

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティングの違いについて図とともに解説します。

ブランディングとマーケティングの違いと関係性

❶目標
ブランディングの目標は消費者と良好な関係をつくり、ファンになってもらうこと。
「どうすれば、消費者にとって選ばれて愛されるのか」という考えで戦略を練ります。

マーケティングは消費者の購買行動を促すこと。
「どのようにすれば、消費者は買ってくれるのか」という考えで戦略を練ります。

❷概念
ブランディングの概念は「どうあるべきか」という根本、理念(ミッション・ビジョン)を考えることにあたります。
マーケティングの概念は目的を達成するために、「どうすべきか」どうやって売るか、といった考えがベースになります。

❸追求

「Why=なぜやるのか」使命や意義を考えること(考え続けること)がブランディングになり、
「なぜ」に沿って、何をどうやって、と手段や手法を考えるのが「How=どうやるのか」がマーケティングになります。

❹期間
一般的にブランディングには長期的な取り組み、マーケティングは短期的な施策になります。
マーケティングの施策によって短期的に結果をだせることもありますが、ブランディングの目標とするイメージの浸透には長い時間が必要になります。

マーケティングとブランディングの関係性

マーケティングとブランディングは異なる役割や目的がありますが、切っても切れない関係にあります。

  • ブランディングは、マーケティングをうまく活かすための戦略
  • マーケティング活動の一貫性がブランドを強くする

商品が売れる仕組みをつくるためには「他よりも効果がありそう」「他にはない魅力がある」といった消費者のイメージを作ることが大切になります。
ブランディングの下地ができていれば、マーケティングの効果をさらに大きくすることができます。

一方、ブランディングを成功させるには、一貫性を保った広告宣伝などのマーケティング活動をしたり、発信をし続ける必要があります。
マーケティングとブランディングを組み合わせることが売上アップの近道になります。

まとめ

ブランディングとマーケティングのそれぞれの違い、そして関係性についてまとめてみました。
ブランディングとマーケティングはそれぞれに違いはありつつ、相互に関係し合うもの、ということができますね。
ブランディングはマーケティングのための土台づくりのようなイメージです。
マーケティングを成功させるためにも、ブランドづくりについても丁寧に行い、売上アップを目指しましょう。

この記事を書いた人 Ayumi

メルマガ・公式LINE

結果につなげるWEB集客お役立ち情報や
最新サービスの先行告知をお届けします。

3つのプレゼント

プレゼント 理想のお客様に選ばれ続ける
ホームページ&WEB集客
7日間無料講座

プレゼント10分でできる!
ブランディングチェックシート
プレゼント初心者でもできる!
ホームページ改善チェックシート