ポートフォリオサイト制作|ホームページ制作 東京|FEEL DESIGN

WEB SITE ホームページの種類

自分の得意で自分らしく働くためにポートフォリオサイト制作

フリーランスが自分の得意で自分らしく働き続けるために

フリーランスのポートフォリオサイトは、最強のマッチングツールです。
せっかくフリーランスで仕事をしているのであれば、得意なこと好きな仕事を、あなたの価値観と合うお客様から依頼されたら幸せなことだと思いませんか?個人で事業を行っているのであれば、自分でこなせる仕事量に限りがあります。なのでたくさんの人から選ばれる必要はなく、あなたがじっくりと向き合える仕事量のなかで、理想のお客様から選ばれればよいのです。そして、それは自分のスキルや仕事のボリュームに合った自分で決めた単価で選ばれればベストですね。
そのために、ポートフォリオサイトを見直してみませんか?
あなたのスキル、こだわり、経験や強みを整理して、理想のお客様から選ばれるために、伝え方や魅せ方をステージアップさせることで、最強のポートフォリオサイトをつくることができます。

人間性に共感してもらうためのツールとして

ポートフォリオサイトは、スキルや実績を確認してもらう重要な役割があります。そして、もう一つ重要な役割として、あなたの人間性に共感してもらうためのツールでもあります。
同じようなスキルや実績を持っている人はすでにたくさん周りにいることは否めません。お客様は数ある候補の中から、ポートフォリオサイトを見て何をポイントとして選ぶのでしょう。

お客様は「寄り添って一緒に伴走してくれる人」を求めています。しかもその伴走してくれる人は気が合う人、価値観が合う人がいい、と思っています。
このことからも、ポートフォリオサイトでは、単なる自己PRではなく、あなたの人間性に共感してもらい、選ばれるために、プロフィールの文章やブログでの発信が大切になってきます。

まずは、キャッチコピー/原稿を揃えましょう

文章を書くのが苦手…どうやって書いたら良いかわならない、という方も多いと思います。
いきなりキャッチコピーや文章を書きだすのは難しいので、まずは、

  • 事業をやっている理由
  • 自分の得意なこと・苦手なこと
  • こだわり・強み
  • 出会いたいお客様・出会いたくないお客様
  • お客様の連れて行きたい未来

を単語でよいので書き出してみましょう。それぞれ10単語以上書き出してみるとよいです。その中から、キーとなる単語をピックアップしてみましょう。その単語をもとに、キャッチコピーや自分の仕事に対する想いを書き出してみましょう。

お客様があなたのサービスを受けることでどんな良いことがあるのかが分かりやすく表現された商品ごとのキャッチコピーや説明文も揃えましょう。お客様がお問い合わせをしてから完了するまでの流れも分かりやすく原稿にしてみましょう。

例え文章が下手であっても、あなたが誠心誠意書いた文章には、あなたらしさが随所に散りばめられ、あなたの人間性が溢れ出ます。お客様の共感ポイントはそこにあるのです。

プロフィールはストーリー性のあるものを

プロフィールの文章もあなたの人間性を伝える上で大事な要素です。
趣味「釣り」とか、家族「トイプードル」などの情報だけでは、あなたのことを伝えることができるでしょうか。あなたの人間性を伝えるためにプロフィールはストーリー化するのがおすすめです。

  • なぜフリーランスで仕事をしているのか
  • 仕事をはじめたきっかけ
  • 苦しい経験
  • それをどうやって乗り越えたのか
  • この仕事で成し遂げたいこと
  • どんな想いで仕事をしているのか

プロフィールではこれらのことを書きましょう。多少長くなっても最後まで読んでくれて、共感してもらえるお客様が、あなたにとって理想のお客様になるはずです。

サイトデザインはプロに任せましょう

デザインに関する仕事でない場合、あなた自身のブランド関わるデザインはプロに任せることをおすすめします。WEBサイトのデザインやロゴ、名刺なども、迷わずデザイナーに任せましょう。素人の方が自分でデザインを作って、お金をかけずに事業をしようとしても、理想のお客様から共感をえることはできません。お金をかけるべきところにはお金をかけましょう。
最近はデザイン系アプリやソフトが充実していて、素人でも無料でなんとなくデザインできる時代ですが、自分なりにうまくできたと思っても、デザインの仕事をしている人から見たら、「素人っぽい」と思われて信頼を得ることができません。それで仕事のチャンスを逃しているケースも多いにあります。
信頼を得られるデザイン、違和感を感じないデザインは、一定のデザインクオリティは必要です。ロゴ、WEBサイト、名刺、チラシなどは理想のお客様から選ばれるためにも、デザイナーに依頼しましょう。

WordPressで作ってこまめに更新しましょう

ポートフォリオサイトのブログを重要視していない人が多いですが、これはもったいないです。ブログはあなたの人間性や価値観、仕事への姿勢などをアピールすることができるツールです。ブログをじっくり書けばけば、「考え方が好き」「価値観に共感できる」など、たくさんの情報が伝わり、あなたの人柄に共感する人が引き寄せられます。
逆に、あなたのブログに共感しない人からは、コンタクトがありません。理想のお客様から選ばれるために、ブログでは自然体のあなたを表現していきましょう。
ただ、「今日はおしゃれなカフェへ行きました」と言ったような日記のような記事を書くのではなく、

  • 事業に関係ある記事を書く
  • お客様の悩みを解決する記事を書く

ことが大事です。これは、WEB集客に必須のSEO対策にもなります。

SNSとの連動も

ポートフォリオサイトを作っただけでは、なかなか新規での流入が望めないので、SNSとうまく組み合わせるのがおすすめです。
SNSを「拡散ツール」と位置付けて使いましょう。どのSNSツールを使っても、最終地点になるのがポートフォリオサイトです。なぜならSNSだけではどうしても情報が散らばり、点としての接点しか生まれないからです。また、SNSでフォロワーを増やしたり、バズらせるテクニックを学んで実践するのは一苦労です。
ポートフォリオサイトがあれば、あなただけのドメインで、あなたらしさ全開で、まとまった情報を面的に伝えることができます。ブログをコツコツ書きつづれば、資産になっていきます。ポートフォリオサイトが強くなれば、反響がコンスタントになる可能性もあります。
無理に素敵に見せようとしたり、煽るキャッチーなワードで集客しようとするより、人柄がじんわり伝わる方が、無理なく本当の自分を表現できる方が、あなたにとっても、お客様にとっても有益な繋がりになり得るでしょう。

自分らしく働くために

自分が本当にしたい仕事は何か、どんな働き方をしたいのか、どんな人と働きたいのか。それを選ぶことができるのが、フリーランスという働き方です。
現実は経済的不安のために仕事を選ばずになんでも屋になってしまったり、集客のために自分のやりたくないツールで頑張って疲弊に陥ってしまったり。
それではいつまで経っても幸せにはなれません。
あなたが本当にやりたいこと、やりたくないことを明確ににして、あなた自身のブランド軸をつくること、それはあなたらしく働くために必要なことです。自分らしく働くために、あなたのポートフォリオサイトをしっかりつくり、じっくり育てていきましょう。

ポートフォリオサイトのコンテンツ例

  • プロフィール(メッセージ・経歴・自分の写真・ etc.)
  • 実績紹介(写真や動画・担当箇所・解説 etc.)
  • サービス(スキル・対応できる仕事 etc.)
  • お客様の声/料金表/制作までの流れ/ブログ/お問い合わせ など

FEEL DESIGN(フィールデザイン)では、あなたの仕事に対する想いやコンセプトを言語化するコンセプトワークや、書き出した原稿をWEB上で読みやすいようにする原稿作成サポートも行っています。

ポートフォリオサイト制作の事例

制作の流れ

無料オンライン相談
ヒアリング

プラン提案
お見積もり

ご検討・ご発注

制作開始

納品
公開後サポート

FEEL DESIGNでは結果につながるポートフォリオサイトの制作をサポートさせていただきます。
気になる方はお気軽にご相談ください。

無料相談をする