店舗・施設サイト制作|ホームページ制作 東京 FEEL DESIGN

WEB SITE ホームページの種類

SNSと合わせて集客力を高める店舗・施設サイト制作

店舗・施設サイト制作

FEEL DESIGN(フィールデザイン)では、実際に店舗を構えている飲食店・クリニック・エステ・雑貨店などが運用する「店舗や施設のホームページ」制作も承っております。SNSが広く普及した現在、飲食店やアパレルショップはもちろん、美容院や雑貨店なども、Instagramなどの複数のSNSでお店の情報を発信することがほとんどになりました。

誰でも手軽に運用できるSNSがある今、「店舗や施設のホームページって必要なの?」と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。しかし、SNSは誰もが使っているとは限りません。TwitterはやっていてもInstagramをやっていないという人もいますし、その逆もまた然り。複数のSNSアカウントを取得し、すべてを同時に運用するのは困難でもあります。
そんなときに役立つのが、お店の情報を集約した「拠点」としてのホームページです。

お店のホームページがあることのメリット

1.お店が発信する情報だから「信頼できる」

最近は、お店選びをする時に、お店のメニューや営業時間、評判などを事前にインターネットで調べる人がほとんどです。そのため、検索したときにお店のホームページがあることは、少なからずユーザーの安心につながります。インターネット上には様々な情報があふれていますが、ほかならぬサービスを提供しているお店が公開する情報なので、ユーザーの信頼度も高くなります。

2.マップ検索や店名検索やで検索結果に表示される

お店を検索するときに、Googleでマップ検索する人も多いはず。例えば「熱海 カフェ」などで検索した場合、Google Map対策(MEO)を行うことで、ユーザーがマップ検索を行った際に自分のお店の上位表示を狙うこともできます。

また、Googleビジネスに登録することで、店名で検索した場合に検索結果に上位枠で表示され、合わせてお店の営業時間や住所、口コミなどの情報も表示されます。そこにウェブサイトへの導線もあるので、お店の情報が一覧化されていて、魅力を伝えるホームページがあれば、ユーザーに対して高い訴求効果が見込めます。

3.他のお店との違い(お店の個性)を伝えられる

お店の雰囲気や看板メニュー、店主のこだわり、スタッフ紹介などをホームページに掲載することで、詳しいお店の情報を一覧化することができます。複数の候補からお店選びをしているユーザーに「このお店に行こう!」と思ってもらえるきっかけ作りができます。

4.幅広いユーザーにお店のことを知ってもらえる

お店の情報を発信するなら、SNSでもいいんじゃない?という考え方もあります。そのとおりではあるのですが、誰もがSNSで情報を集めているとは限りません。 SNSはほとんど使わず、情報収集は常にGoogleやYahoo!検索。公式サイトの情報を確認するのがほとんどで、ブログや口コミは目に入ったら参考にする程度…そのような人たちの存在は、今も少数派とは言い切れません。そういった人たちにもお店の情報にたどり着いてもらうためには、やはりホームページは有効な手段だと言えます。

店舗や施設のホームページ制作のポイント

1.ゴールは来店

お店のホームページのコンテンツを充実させることは、集客のためには重要な要素の一つですが、最終目的はあくまでも来店です。そのため、カフェやエステの場合はサイト内に予約フォームを設置したり、外部の予約サービスへ促したりするなど、来店につながるゴール設計をしっかりと行いましょう。

また、来店時に「ホームページを見た」と伝えてもらって割引をするなどの仕掛けをすることで、「どのくらいお店のホームページを見ているか」といった効果測定を行うことも可能です。

2.SNSと合わせて使い分ける

基本的なお店の情報や営業案内はホームページに掲載し、SNSアカウントへのリンクもアイコン表示などで対応しておきましょう。ホームページであれば誰でも検索してアクセスできますし、ツイートやInstagramの写真を読み込んで自動で表示することができます。

理想的なのはホームページとSNSと合わせて使い分けることです。例えば、「お店の情報はホームページ」「新商品や季節のおすすめの案内はInstagram」「お店の様子やスタッフの呟きはTwitter」といったように。こうして役割分担すれば運用がしやすくなります。

3.サービスの状況に合わせたサイズ感でつくる

小規模なお店の場合は、1ページのみのランディングページや3,4ページの小規模なホームページであったとしても、特定の地域に向けてMEOやSEO対策などをするため、さらなる集客が見込めるでしょう。ユーザーが検索エンジンで複数のお店を比較することを考えると、コンテンツを整備したお店の魅力を伝えるページがあると集客の強い味方になるはずです。

中規模なお店のホームページでは、お店の営業時間や商品などの基本情報に加え、ブログで定期的に情報発信をすることで検索エンジンからの集客を狙います。さらにブログでキャンペーン情報を発信する場合はSNSも活用し、さまざまな経路で集客をすることができます。

店舗・施設サイトのコンテンツ例

  • コンセプト(想いやこだわりを伝える etc.)
  • メニュー・料金(メニュー料金表 etc.)
  • スタッフ紹介(スタッフの写真やコメント付き etc.)
  • お客様の声 (口コミや感想 etc.)
  • ネット予約/ブログ/お問い合わせ など

店舗・施設サイト制作の制作事例

FEEL DESIGNでは結果につながる店舗・施設サイトの制作をサポートさせていただきます。
気になる方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせする